肌を守るために日焼け止めは欠かせない

肌を守るために日焼け止めは欠かせない

紫外線は一年中降り注いでいるので、油断せずにUVカット効果のある化粧品を使うか、日焼け止めを塗って肌を紫外線から守ることが大切ですね。
特に春から夏にかけては紫外線の量はピークを迎えるので、美白やアンチエイジングの面からいっても、紫外線対策は万全にしておきたいものです。
日焼け止めにはSPF20とか50とか数字が書いてありますが、これは紫外線B波を防御する日焼け止めの持続時間を表しています。
数字が大きい方がもちろん効果は高いのですが、肌に負担をかけてしまいます。
普段使いするなら、SPF20〜30くらいで充分でしょう。
そして、PA+とか++とかの記号は紫外線A波を防御するレベルを表しています。
+の数が増えるほどそのレベルは高くなりますが、SPFと同じで肌への負担が大きくなってしまうのです。
普段使いするなら、PA+で充分です。
日焼け止めを効果的に使うこつは、マメに塗りなおすことです。
汗や水などでせっかく塗った日焼け止めが流れてしまうので、こまめに塗りなおすのが一番です。
最近は化粧下地やファンデーションにもUV効果のあるコスメがたくさん販売されているので、それらを使用して紫外線対策をするのも効果的です。


ホーム RSS購読 サイトマップ