走行距離が長い車を売る

走行距離が長い車を売る

走行距離が10万キロを超えるぐらいになってくると多過走行車とか過走行車と
言われるようになります。日本の車は性能が向上してきているので10万キロを
超えてもまだまだ走れると言われていますが、車検の時ぐらいしか整備や点検を
していなかったりすると10万キロを超えたあたりからベルトの交換やその他
いろいろな部品に交換や修理の必要が生じてくると言われています。
これはどれだけ大事に乗ってきたのかという点によっても変わるでしょう。
なので一概に10万キロ以上走った車はいつ壊れてもおかしくないとは言えませんし、
売ることを検討する場合にも高く売れないというわけでもありません。
もちろん走行距離というのは車の状態という点で考えると一つの基準となりますが
その他にもいろいろとポイントがありますし一番は需要と供給のバランスによって
価格が決定するものなので売ったとしても値段が付く場合もありますし、
買取りすることができないと断られてしまうこともあるでしょう。
ただ少なくとも売ることを考えると少しでも多くの買取り店に査定をすることをオススメします。


ホーム RSS購読 サイトマップ