実車確認できない車の購入について

実車確認できない車の購入について

通販サイトやネットオークションが普及していることで今や足を運ばなくても
商品を手に入れる環境が十分に整っているということが言えますね。
日用品のようなものから車までネットを使えば様々なものが購入できます。
しかし、その反面でトラブルに巻き込まれるケースもあるので注意しなくてはいけません。
特に例であげた車のような高額な買い物をする時には十分に検討してから購入しましょう。
車の場合は、ネットを使って探すことで近くの販売店では売っていないお目当ての車を
購入できたり、個人のオークションの場合は相場よりも安く手に入れることができるという
良い点もあるのですが、基本的に売買契約を結んでしまうとクーリングオフの対象外と
なっているので解約をすることができません。また、気軽にいけないような遠方の場合は
実車を確認することができないので車の程度を正確に把握することが困難になります。
そうなると重要なのは電話でのやり取りです。例えば傷があると事前に分かっている場合に
多くの人はその傷の状態が気になると思います。そういう時には販売店に電話をしてみましょう。
その時のやり取りで、傷の状態をしっかりと長さを出して伝えてくれるか、そうでないかというのが
重要でやはりきちんとしている販売店というのは事細かにイメージしやすいように状態を
教えてくれますが、そうでないお店の場合はこちらがイメージしにくい濁すような言葉を多用します。
車に限らず中古品で多いケースは「目立たない傷があります」というフレーズです。

このような曖昧なことを言ってきたとしてもしっかりと具体的な言葉での説明を求めましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ