車の下取りと買取りのメリットデメリット

車の下取りと買取りのメリットデメリット

新しく車に乗り換える時に今現在乗っている車を売ろうと考えている人がほとんどでしょう。
単純に今乗っている車を売ると言っても二通りあります。それが下取りと買取りです。
下取りというのは新車や中古車を購入する時にその車を買うお店に車を引き取ってもらう
ことで乗り換え時にかかる手間を最小限に抑えることができたり、値引きのできない分を
下取り額ということで新しく購入する車の価格に反映させて値下げしてくれたりします。
この値引き分というのが実質乗っていた車の価格ということができます。
買取りというのは中古車買取り店や販売店に購入するしないに関係なく売却することです。
一般的に買取りのほうが乗っていた車を高く売るという点ではメリットがあります。
下取りの場合は中古車市場や装備など中古車の価格を決める需要という点があまり
価格に反映されることがないので高値で売れるということはまずないでしょう。
どちらがいいか判断する時には、車を高値で売却したいか、乗り換える時の手間を
少なくしたいのかを先に決めておくといいかもしれません。
買取りの場合でも最近は出張買取りなんかもしれくれるので先に買取り店に見積もりを
出してもらってから下取りの相談をしに行くというのもいいかもしれませんね。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ