走行距離と車買取り額の関係について 

走行距離と車買取り額の関係について 

車買取り額を決めるにあたり大事なポイントに走行距離があります。
走行距離と車買取り額の関係について説明したいと思います。

 

走行距離は50,000キロ以上となると購入者はかなり使用した車だと判断します。

 

購入する時にわざわざ使いこまれた車を選ぶ人は少ないと思います。
走行距離が多いとそれだけトラブルを起こす可能性も高いと言われているからです。

 

走行距離が50,000キロ近い場合には乗り換えする時期だと思っておいても良いのではないでしょうか。
多いほど買取り額に影響するので少しでも高い値段で買取りをしてもらいたい人は注意したい点だと思います。

 

マイナス査定に繋がってしまいます。もちろん走行距離だけではなく、メンテナンスをきちんと行って整備しておくことは重要です。
それらも査定には影響するからです。愛車の走行距離の目安は50,000キロと考えて、近くなったら売却することを検討しましょう。

 

メンテナンスを怠らず大切に乗っていれば、買取り額も期待できるものになります。お手入れをしっかり行って売り時をきちんと見極めることが大切だと思います。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ